ひかり学園

ひかり学園公式LINE ツイッターでひかり学園を見る Instagram 0587-53-5176

おしらせ

メイン画像
算数文章問題 作品集
投稿:2019年5月17日

ひかり学園&どんぐり教室の子ど達の算数文章問題作品集です。

算数の文章問題を楽しく学びましょう💛子ども達は絵を描くのが大好きです。(お絵描きが嫌いな子は、嫌いになってしまった可能性が高いです。自分のイメージ、考えに自信が持てなくなっているのかもしれません。)言葉・文章を絵図に描きおこしながら、絵そのもので考えます。発達障害の診断を受けている子達が、みんなお絵描きしながら、どんぐり問題を楽しく取り組んでいますよ。どんぐり問題についてはこちらをどうぞ→どんぐり倶楽部

※発達障害児・・・自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障害・ADHD、学習障害・LD、ダウン症等の子ども達。

小学1年生(自閉症スペクトラムの診断)

<0MX48>いろいろな いろの ろうそくを つくることができる ろうそくめいじんが います。いままでに 12しょくの ろうそくを つくりました。きょうは、あたらしく 3しょくの ろうそくを つくりました。あしたも 3しょくの あたらしいいろの ろうそくをつくるとすると、あしたで なんしょくの ろうそくが できますか。

小学1年生(自閉症スペクトラムの診断)

<0MX49>20ぽんの はが ある おおきな くちで わらう わにを よくみると、うえのはに 3ぼんの むしばが みえました。またまたみると、したの はにも おなじかずの むしばが ありました。では、むしばになっていないはは みんなで なんぼんありますか。

小学1年生(自閉症スペクトラム、アスペルガーの診断)

<0MX71>どんぐりで できている じてんしゃを うっている みせがあります。1だいのじてんしゃには 11この どんぐりが つかわれています。おみせに 6だいの どんぐりじてんしゃが あるとすると、どんぐりは みんなで なんこあることに なりますか。

小学2年生(学習障害LD、ADHDの診断)

<0MX79>はむすたあけんの じゃんがりあんえきに ばすが 3だい あります。そのうちの 2だいが どこかにいきました。そのあと、5だいが もどってきました。さて、じゃんがりあんえきには いま、なんだいの ばすが あるでしょうか。

小学3年生(自閉症スペクトラムの診断)

<0MX67>ぴかぴかの えんぴつが 12ほん くじらくんの ふでばこに はいっています。おともだちが えんぴつを わすれたので くじらくんは なんぼんか かしてあげました。すると、ふでばこの えんぴつは 9ほんに なりました。では、くじらくんは なんぼんの えんぴつを かしてあげたのでしょう。

小学4年生(自閉症スペクトラムの診断)

<1MX11>みのむししょうがっこうでは、あさから きに ぶらさがって たいそうをします。きょうは てんきが いいので みんなで 16にんが ぶらさがっています。1ねんせいが 1人[ひとり]、2ねんせいが 2人[ふたり]、3ねんせいが4人[よにん]です。のこりの 4・5・6ねんせいは おなじ にんずうずつ きているとすると、4・5・6ねんせいは なんにんずつに なりますか。

小学4年生(自閉症スペクトラムの診断)

<0MX70>しっぽに てっぽうをつけている さるが どうぶつえんから にげました。てっぽうには、15はつの かみで できている たまが はいっています。3ぽあるくたびに 1ぱつの たまを うつとすると、なんぽで たまはなくなるでしょうか。

小学5年生(自閉症スペクトラム、ADHDの診断)
<3MX67>水色ガソリンで動く車の走った距離を比べました。赤い中型車は2m、青い小型車は赤い中型車の3倍、黄色いバイクは青い小型車の半分を走りました。では、黄色いバイクは何m走りましたか。

小学5年生(PDD:自閉症の診断)

<2MX11>5分で2枚のカードを作ることができるカード製造機があります。できたカードは順番に積み重ねます。1枚のカードの厚さは2mmです。では、この積み重なったカードの厚さが2cmになるには何分の時間が必要でしょう。

小学5年生(ADHDの診断)

<4MX94>ここは何でも屋さんです。ここでは、お星様と黄金タコ焼きがよく売れます。お星様2個と黄金タコ焼き3個では190億円、お星様3個と黄金タコ焼き5個では310億円です。では、黄金タコ焼き1個は何円でしょうか。

 

NPO法人ひかり学園の学習相談 TEL0587-53-5176
江南市ひかり学園・サスケハナ、一宮市どんぐり教室、知立市どんぐり教室ぞれぞれの放課後等デイサービスで学習相談をお受けしています。特に発達障害児(自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障害・ADHD、学習障害・LD、ダウン症等)の算数文章問題が苦手、言葉の遅れ等についてご相談をいただいています。

ホームページトップへ
新着記事
過去のお知らせ

お問い合わせページへ

ページトップへ